東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

台東区 肩湯で極楽! 人気のリクシル/スパージュの清掃に行ってきました!

肩湯機能といったかなり特殊な形状と、快適さでは極楽の極みともいえる特別な機種のため、お風呂好きのあいだで人気を博しているリクシル(LIXIL)のスパージュ(SPAGE)ですが、複雑な構造ゆえ洗浄には特に気を遣う機種の洗浄に行ってきました!

一見するとジェットバスと同様な構造に見えますが、肩湯は特にお湯の流速が遅いため、いったん汚れが内部に蓄積し始めると肩湯部分に特に詰まりが発生しやすい特徴があります。

詰まりが発生し始めると、症状としてはこの写真のように肩湯を動作させた際、お湯が均一に流れ出ないといった症状が発生します。

リモコンパネルは至って普通のリンナイ製

内部にパネルを開いても特に違いはありません!

しかし、複雑な構造に加えて、配管の数もバスタブの周囲に多数張り巡らされているため、定期的なメンテナンスを怠ると洗浄前のATP測定値でも高めの数値が検出されやすい機種でもあるのです。

温泉や銭湯などの公衆浴場で営業目的で運営されている浴場で適応される値では、80RLUを超えると危険値とされるところ、12〜13倍の高めの数値が検出されました。

しかし、一般家庭ではこのような検査など存在しないため、ほとんどのご家庭で常時危険値にさらされているというのが一般的です。

ブラックのバスタブにブラックの肩湯
機能性のみならず、デザインもスタイリッシュですね!

自動湯張りをしても追い焚きをしても汚れが出てくるような状態になってしまった為、せっかくの高機能バスにも関わらず、利用を躊躇するような状態になってしまったとのことで今回ご相談をいただきました。

肩湯の向かって右側に詰まりが発生しており、お湯が一部出ていない箇所が確認できます。

血行を良くし、代謝を活発にしてくれる機能ゆえ、人肌から排出される汗や皮脂量も増えるためか、タンパク質汚れも大量に吐き出されてきます。

配管内部から吐き出されてきた油分を含むタンパク質汚れ同士がどんどん結びついてグレーから徐々に黒い塊へと姿を変えてきます。

ジェットバス同様に肩湯の吸入口もこのように目詰まりが多く見られることも珍しくありません。

時間が経つとどんどん黒みが増してきました!

これだけの汚れが蓄積した配管内部を経由して自動湯張りや追い焚きを行っているため、いくら真新しいお湯を注いでもバスタブに到達する頃にはそりゃお湯も汚れてますよね!

この様な汚れがバスタブ内部に増えているということは、しっかりと配管内部に残っていた汚れを取りさせている証拠でもあるのです!

循環アダプター内部の洗浄前はこの様な状態でした!

Before

After

Before

After

肩湯ユニットです

汚れを取り出すに連れて肩湯の詰まりも徐々に解消されつつあるのが確認できます。

洗浄後の追い焚き配管内部の測定値は6RLUまで改善

肩湯やジェットバスを動作させた後に再度測定を行うと、やや数値が上昇したものの、それでも18RLUと25RLU未満の安全値まで大幅な改善が見られました。

肩湯やジェットバス機能も兼ね備えた高機能ユニットであるがゆえのお悩みも、世田谷衛生環境ラボでは作業実績も豊富で解決へのお手伝いが可能です。

快適な機器を衛生的な状態で利用し続けるには、やはり定期的なメンテナンスが不可欠です。

今回の様な症状が少しでも出始めれば、なるべく早めに対処することでより良い状態を取り戻すことが可能です。

今以上に重症化したケースだと、状況次第では完全な解決は不可能かもしれません。

市販の洗浄剤などで試してみても解決の糸口が見えないときは一刻も早く当社にご相談ください。

東京・神奈川・千葉・埼玉のリクシル/スパージュの清掃のご依頼・ご相談は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで



ページトップ