東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

さいたま市見沼区 追い焚き、湯張りともに、黒い小さな汚れがたくさん出てきて市販の洗浄剤で洗浄したら黒い汚れが止めどなく出てくるようになってしまって困っています

追い焚き、湯張りともに、黒い汚れがたくさん出てくる症状に陥ると、市販の洗浄剤ではほとんどのケースで太刀打ちできません。

正直申し上げて、市販の洗浄剤を5回.10回と利用して洗浄を試みても手遅れで根本的な解決はほぼほぼ不可能です!

これが問題の黒い汚れとお客様がおっしゃられている物体です!
パッと見は黒色に見えますが、よく見ると緑色のように見えます。

エコキュートでは似たような症状がよく見られるのですが、ガス給湯器でこういった汚れが大量に出てくるのは極めて珍しい症状と言えます。

給湯器は10年ほど経過していました

ノーリツ製のリモコンパネル

循環アダプター周辺もかなり汚れの気配を感じます!

洗浄前のATPスコアーを見ても、かなり高めのスコアーのため、給湯器内部の配管の剥がれやゴムパッキンなどの劣化などとは違って汚れが内部にかなり多く潜んでいるのは間違いなさそうです!

皮脂たっぷりめ、濁りきつめ….ってなんだかラーメン屋のオーダー時みたいですねwww

しかし皮脂汚れは多く見られるものの、湯張り時に出てきていた黒や緑に見える汚れは見当たらず

しかし洗浄後の洗浄液の底溜まりを確認するとこれはゴム片と思しき黒い粒状の破片が無数に確認されました。

しかし、これは最初の湯張り事に出ていた汚れとは別物です!

循環アダプター内部にも皮脂汚れが多く見られました。

スタート時のATPスコアーが悪かったため、繰り返し念入りに作業させて頂き何とかここまで数値改善することができました。

ここまで戻ると当面は安心してご利用いただけます!

こういった黒や緑色の粒状の汚れによる兆候が少しでも現れ始めたら、それはほんの一部の汚れに過ぎない可能性が高く、目に見えている汚れは氷山の一角かもしれません!

この汚れの厄介なところは、重症化が進んでしまうと、給湯器の交換に加え、浴室の配管や追い焚き配管の全てを交換することでしか完全な解決はできないという最悪の事態を招いてしまう可能性もゼロではないということなんです。

そのため、黒や緑の汚れでお悩みの方は、まずは早めに業者による風呂釜洗浄を行い、その後も定期的に市販の洗浄剤や数年に一度は業者による風呂釜洗浄を行うことで、状態を悪化させずに延命措置をとるといった方法以外は高額出費やむなしといった状況に陥ります。

給湯器の交換を検討される前に、今まで一度も風呂釜洗浄をやってみたことの無いご家庭であれば、低コストでかなり状況を改善できる可能性が高いため、一度試してみる価値はあると思います!
まずはお電話でもメールでもOKですのでご相談ください。

風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)のご依頼・ご相談は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで

ページトップ