東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

江東区 入居直後から湯張りのたびに黒いカスが出てきて困っているマンションの風呂釜洗浄に行ってきました!


今回は度々洗浄依頼をいただく

黒いカスというか、黒や緑のフィルム状の汚れの排出に悩まされている
物件の管理会社様からのご相談です。

この症状に見舞われた場合は、
設備屋さんやメーカーのサービスに
修復や洗浄のご相談をされるケースが多いようですが…..



当社の個人的な見解としましては、



過去の経験上、


風呂釜洗浄の業者を真っ先に呼ぶのが正解だと思います。



意外に思われるかもしれませんが、
メーカーサポートや設備屋さんなどは
主にピンポイントで部品を交換や調整して修理するのが
得意なお仕事です!


それに対して、風呂釜洗浄は
給湯器内部や追い焚き配管などのお湯の経路を
全体的にキレイにすることが出来るため
対処方法や特徴が異なるためです!


今回のような
黒いカスが出るようになってしまった場合などは
原因がどこにあるのかが、特定しづらく

かつ

原因となっている場所が
必ずしも1箇所とは限らないケースが多いためです!



例えば、


銅サビが出るようになった場合などは、
銅管全体に錆が生じていたり…



黒いカスが出るような場合は、
ゴムホースやゴムパッキンの至る所で剥がれや溶解が生じていたり…..


といった感じで、
原因と思われる部位が広範囲に及ぶ可能性が高い場合は
お湯の通り道となる経路全体を洗浄できる
風呂釜洗浄の効果が期待出来るからなんです!


もちろん、給湯器機の不調や破損、さらには水漏れなどの
トラブルの場合はメーカーサポートや設備屋さんでないと
修復することはできません!


そのため、
各ご家庭の症状に応じて
ヘルプのご依頼先を変えないと時間も費用も
浪費することになってしまうのです。

お湯張りをするたびに

『黒いカス』

と呼ばれていた粒状のものが大量に出てきます。

近くで見ると、
これはほとんどが銅サビです!

実に青のりみたいですが、これは金属片なんです

給湯器もまだ6年程度しか経ってないんですけどね!

そうなると、
疑わしきは追い焚き配管に銅の配管が多用されている可能性が
濃厚です。

循環アダプター付近も変色が目立ちます

市販の製品の中でも
かなり強い温泉成分(硫黄)の入ったような入浴剤
を多用していた可能性なども考えられます。

しかし、
かなり強い成分の入浴剤とはいえ、
数回使った程度では、まずここまで症状が悪化
することは考え難いです。

日常的に長期間にわたって利用されていたと思われます。

一見汚れに見える茶色の部分は
洗っても取れないため、明らかに機材が変色しています。

洗浄前の ATPスコアーはわりと穏やかなスコアーが

洗浄開始直後から皮脂などのタンパク質成分が
景気良く大量に姿を現し始めました

洗浄を繰り返すたびに
青のりみたいな銅サビが

出口が見えないほど洗浄を繰り返し
ようやく銅サビの排出が穏やかになってきましたが、
この日は最後まで銅サビの排出が病むことはありませんでした….

洗浄後にここまでATPスコアーが下がっているということは
汚れの取り残しがある可能性は極めて低く、
今なおリアルタイムで銅管の内部のどこかで剥がれが生じている
可能性が高いといったことをお伝えし作業終了

賃貸の場合は入居直から
このような状態に見舞われることも
極めて稀にあるようですが、

所有しているご自宅で
このような症状が出始めたら
一刻も早く洗浄業者へ依頼するのが賢明です。

先送りにして良いことはひとつもありません。

前入居者さんの時点で、ご相談いただければ
もっと状態が改善できたかもしれませんが…
こればかりは推測に過ぎませんので、

このような症状にはお気をつけください!

市販の洗浄剤でお手上げ状態になり、
給湯器の交換や追い焚き配管の交換を検討される前に、


まずは、業者による風呂釜洗浄をお試しください!


機材の交換や修理に比べて低コストでかなり状況を改善できる可能性が高いため、
一度試してみる価値はあると思います!


まずはお電話でもメールでもOKですのでご相談ください。

風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)のご依頼・ご相談は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで


黒いカスの過去の事例⇩

さいたま市見沼区 追い焚き、湯張りともに、黒い小さな汚れがたくさん出てきて市販の洗浄剤で洗浄したら黒い汚れが止めどなく出てくるようになってしまって困っています


葛飾区 10年経過したエコキュートから湯張り時に黒い汚れが出てきて困っています

ページトップ