東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

川崎市川崎区 中古マンションを購入されたお客様からの入居前風呂釜清掃のご依頼です

この度中古マンションをご購入されて、見た事のない24時間風呂などが設置されていたことなどもあり入居前に前住人の汚れを一掃しキレイにしておきたいとのことで風呂釜洗浄のご依頼をいただきました。

正面の壁の左隅に数カ所穴が開いており、こちらに24時間風呂の装置が設置されていたようです!

東京ガスさんのリモコンパネル

洗浄前のATPスコアーは築年数などを考慮すると24時間風呂の功績なのか、かなり低い217RLUのスコアーが!

循環アダプター内部もそれほど汚れの気配は感じません!

しかしこちら側を見ると少し様子が違っていました!
上部には粘性のある皮脂のような汚れがほんの僅かですが確認できます。

洗浄を開始すると、左側にうっすらと皮脂による汚れ(タンパク質)が見え始めました。

時間の経過とともに徐々に汚れが厚みを増してきました!

ベッタリと油分を含む汚れは粘性が高い為、汚れ同士がどんどん吸着してバスタブの周囲に塊を形成していきます。

このタンパク質成分の皮脂汚れが追い焚き配管内部に数多く蓄積すると、雑菌の繁殖が加速しATPスコアーを押し上げるのです!

洗浄が終了し、洗浄液の排水時には粘性の高い皮脂汚れはこのようにバスタブにベットリとこびりついて自然に排水されていくことはありません!

例えるなら、まさにお料理をした後のフライパンのような油分によってヌルヌルとした状態なんです!

これだけの汚れが先ほどまで追い焚き配管や給湯器の内部に隠れていたわけですから、せっかく真新しいお湯をバスタブに注ごうにも、これほどの汚れの中を経由してバスタブに注ぎ込まれていたわけですから決してキレイとはいえない状態であったことは間違いありません!

24時間風呂が設置されていたことによって洗浄前のATPスコアーはやや低めからのスタートでしたが、

決して風呂釜(追い焚き配管)内部に汚れが残っていないわけでは無いようで、今まで利用した分だけキッチリと汚れは蓄積しているようです

賃貸マンションや借家の入居前の浴室清掃は一般的ですが、当然ながら風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)はもちろん含まれていませんし、中古住宅や中古マンションは現状販売が一般的ですので、風呂釜内部は当然手付かずのままです!

それが例えリフォーム済みのキレイな浴室であっても、追い焚き機能を新設した以外の場合であれば、ほぼ配管は新築時から未交換である可能性が高いため、お引越し後に、前住人の汚れが気になるようでしたら、入居後すぐに風呂釜洗浄をオススメします!

お湯の見た目のきれいさと、目には見えない水質の安全を両立する

東京・横浜・千葉・埼玉の風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)業者は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311

ページトップ