東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

千葉県船橋市 給湯器も1年前に変えて風呂水清浄剤を毎日使っていても自動湯張り時に黒い汚れが出てくる

風呂水ワンダーに代表されるような塩素系の風呂水清浄剤をほぼ毎日使っていおり、給湯器も昨年新調したばかりにもかかわらずどうしても自動湯張り時に黒い汚れが出て来ますとのこと。

黒い汚れの代表格といえば、給湯器内部に使用されているゴムホースなどの経年劣化による剥がれなどがかなり疑わしいですが、給湯器は昨年新調したばかりとのこと。
そうなってくると、先代の給湯器がかなり長い年月活躍し、経年劣化によってゴムホースの剥がれが追い焚き配管内部に大量に残っており、そこに新給湯器を投入し威力が増した事で黒い汚れの排出に繋がったのではといった仮説を立てて作業を進めさせて頂きました。

ノーリツ製のリモコンパネル

お風呂のお湯を翌日追い焚きにて再利用される方にとっては、塩素の力でニオイやヌメリを抑えてくれる救世主的な製品でもある風呂水清浄剤と呼ばれるタブレット!
なかでも代表的な製品といわれる『ふろ水ワンダー』をほぼ毎日ご使用とのこと!

循環アダプター内部にも黒い汚れの付着が確認できました。

毎日、風呂水清浄剤を投入されているせいか、汚れの印象よりはやや控えめの洗浄前のATPスコアー

これもひとえに風呂水清浄剤に含まれる塩素のチカラといえるでしょう!

洗浄開始直後から、早々に黒い汚れの大群がどこからともなく押し寄せて来ます!

最初はサラサラと細かな黒い粒が目立っておりましたが、洗浄が進むにつれより濃くて大粒の黒い塊へと姿を変えていきました。

油分を含んだ粘性のある皮脂や汗によるタンパク質成分の汚れに絡まり合うように黒い汚れがバスタブの周囲にこびりついていきます

汚れをすくってみると、かなり大きなヒジキのような塊も見られるではないですか?

これは一体何?????

さらに近づいてみるとこんな感じ

剥がれたゴム片が髪の毛などに付着して固まったものなのか、そもそもこのような形状をしたゴム片なのかは判断がつきませんが、目を覆いたくなるような黒い汚れの粒がバスタブの周囲にベッタリと付着しておりました。

ゴム製品はある程度の年月が経過すると、ネバネバとして来たりしますが、給湯器の内部でも同様のことが起こっているといえます。

過去のブログにも書きましたが、黒い汚れのさらに詳しいことに関してはまずこちらをご覧になってください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

風呂に黒い汚れやゴミが大量に出てくるケースは給湯器などの機器不調の前兆かもしれません!


このような症状が現れ始めれば、そのままにしておくと悪化の一途をたどります。

症状が悪化すると、風呂釜洗浄を行なっても1度や2度の洗浄ではなかなか元どおりに戻すことが困難になり、給湯器の寿命そのものも縮めてしまう可能性が高くなってしまいます。

このような兆候が現れ始めたら市販の洗浄剤程度ではほぼ解決が不可能なケースが多くなりますので、当社のような専門業者による早めの対策がオススメです!

さらに重症化が進んでしまうと、完全に解決するためには、給湯器の交換に加え、浴室の配管や追い焚き配管の全てを交換することでしか完全な解決はできないという最悪の事態を招いてしまう可能性も考えられます。

そのため、黒い汚れでお悩みの方は、定期的に本格洗浄を行うことで状態を少しでも改善させるといった方法以外は高額出費やむなしといった状況に陥ります。

高額出費の前にまずはお気軽にご相談ください!
風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)や浴室清掃のご依頼・ご相談は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで

ページトップ