東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

川崎市幸区 12年経過したオール電化マンションのエコキュートで自動湯張りの際に黒い汚れが出てくる

これがオール電化マンションのベランダに設置されたエコキュートの貯湯タンクです!

築12年を迎え、自動湯張り時に汚れが出るようになってしまったとの事!

お子様もまだ小さい為、一度専門業者に診てもらいたいとのことでご洗浄の依頼をいただきました

コロナ製のリモコンパネル

洗浄前のATPスコア(水質検査)はすこぶる穏やかなスコアでしたが、エコキュートの場合最初よりも洗浄後にスコアが跳ね上がるケースも見られますので、注意が必要です。

循環アダプター内部もかなりの汚れっぷりです!

洗浄開始直後から事前に伺っていた黒い汚れのオンパレードです。

かなり汚れの排出が見られたため、複数回洗浄を行った洗浄液を一度排水し、ATP測定を行ってみたところ、やはり作業前のスコアーより上昇するといったエコキュート特有の症状が勃発

かなり念入りに作業を行ったのですが、汚れの取り残しがある可能性も否定できないため再洗浄!

やはりまだまだ湯おごれが残っていたようで、引き続き黒い汚れを始め、大型のバイオフィルムが確認されました。

一部ゴムホースの経年劣化とタンク内のメンテナンス不良によるグレーの汚れの両方がまだ出てくるといった状態でしたので根気よく作業を継続!

その後、ATP測定を行ってみるも再度スコアーが上昇!
ここまで念入りに洗浄を行ったにも関わらずここまで数値上昇が起きるとなると、風呂釜(追い焚き配管)内部の汚れは大幅に減少しているにも関わらず数値が上昇する可能性といえば貯湯タンクの汚れの可能性が濃厚になります。

最終的に1桁台のスコアにまで改善しましたが、これはタンク内のお湯を使い切るほどの作業を繰り返したことによって、タンク内のお湯をほぼ一掃したことによって、偶然ここまで数値改善できたと考える方が良いケースであってエコキュートの場合はこのような状態にまで重症化した場合の完全復活はかなり困難です。

エコキュートの風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)後は特に屋外のタンク内の衛生状態が影響することもあって、今回のように10年以上貯湯タンクのメンテナンスを何も行って来なかったような場合は同時に貯湯タンクの水抜き洗浄を行うことで効果が期待できます!

嫌なにおいや、目に見える汚れが出ていなくても、追い焚き配管内やエコキュートの貯湯タンク内部は10年も使えば相当汚れています。

もし、給湯器やエコキュートが故障して交換したとしても配管内部の汚れは残ったままですので風呂釜(追い焚き配管洗浄)を行うことは決して無駄ではありませんので1〜2年に1回は専門業者による洗浄をオススメします!

風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)や浴槽裏の高圧洗浄・まるごとひっくりかえし洗浄のご依頼・ご相談は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで

ページトップ