東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

葛飾区 お湯はりをするとホコリのような黒いゴミが沢山浮いています。皮膚の痒みも出てきました

まだ築5年ほどですが、お湯張りをするたびに黒い汚れや衣類の繊維のような汚れが出るようになり
さらに、入浴時に皮膚にかゆみまで生じるようになってしまい、原因はお湯の配管にあるのではと考え洗浄の依頼をしたとのことでした。

ノーリツ製のリモコンパネル

給湯器も新築時からの物でまだ5年にも満たない状態!

単身者向けの賃貸マンションの為か、湯張り時に汚れが多く出ているにも関わらず、洗浄前から安全値内のスコアーでした。

つまり、雑菌の繁殖を押し上げるような汚れが出ているのではない可能性が高まりました。

湯張りを開始すると事前のヒアリングで伺っていた黒い汚れがやはり出てきました。

出てきた黒い汚れを掬って確認してみたところ
大半が給湯器内部のゴムパッキンの可能性が高いのですが、一部衣類の繊維のようなゴミも確認できました。

湯張りの際にこのような真っ黒な汚れが出てくるとビックリしますよね!

出てきた汚れには入浴剤のような成分が多く見られました。

黒い汚れの原因も、築年数も5年ほどと浅いため入浴剤、なかでもバスソルトのようなものを多用したことによって給湯器内部のゴムホースの内部が損傷し剥がれが生じた可能性が高いように思います。

洗浄後のATPスコアーは抜群に良好な状態にまで改善しました。

このように汚れが浴槽内に出てくるといったような顕在化した症状は、

人間に例えると熱が出たとか、咳が出るなどといった症状と同じです。

何もせず気合いで治すとかとにかく寝るなどといった人間と同じような方法は機械に通用しません!

少しでもこのような症状が見られる場合は、あまりご自身であれこれ試すのではなく、まずはお風呂の病院である我々にご相談いただいた方が、回復への近道であり、結果的に費用負担も安く済むといったケースも多いように思いますので、まずはご相談ください!

乳幼児や高齢者などの免疫力の低い方の感染症予防やお肌のトラブルにも効果が期待できる世田谷衛生環境ラボの風呂釜洗浄

お風呂の追い炊き配管を健康や環境に配慮した安全性の高い洗剤のみを使用して除菌・洗浄を行い、ATP検査(水質検査)をすることで健康診断のようなイメージで目には見えないお風呂に潜む雑菌を数値化し、安心を手に入れて清潔で安全なバスタイムを!

風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)や浴槽裏の汚れやニオイでお困りの方のご依頼・ご相談は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで

ページトップ