東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

千葉県船橋市 入浴剤は、ほぼ毎日使用しています。  湯張りの際に、白い粉の様な物が出ています

白い粉状の汚れに悩まされていらっしゃるお客様からご依頼をいただき、千葉県船橋市まで風呂釜洗浄に行ってきました。

入浴剤はほぼ毎日使用されていらっしゃるとのことでしたが、バスルームにもバスソルトと思しきものが真っ先に目に入ってきました!

リンナイ製のリモコンパネル

循環アダプターのフィルター部分も白い粒状の汚れとおっしゃられていた汚れの形跡が!

洗浄前のATP測定では危険値の実に100倍を超えるかなり高い数値が検出されました。

自動湯張りを行うと、かなり小さくて写真では分かりづらいですが、確かにこのような白い粒状の汚れが無数に浮遊しています。

かなり大きな一軒家で、給湯器から2Fの浴室までの追い焚き配管の距離もかなり長いことが現地調査で作業前から分かってはいましたが、予想以上に配管内部に汚れが蓄積しているようです。

『入浴剤を使うと追い焚き配管って汚れやすいんですか?』
といったご質問をお客様から頻繁にいただきます。

入浴剤の質によっては確かに配管内に残留しやすい成分の入浴剤もございますが、私見を述べますと、入浴剤単体が配管を汚しているということではなく、主にこの3つが原因ではなかろうかと考えています!

①:そもそも入浴剤を頻繁に利用される方は入浴時間が長い

②:入浴時間が長いことで追い焚きの利用率が高い

③:入浴剤によって代謝が良くなり汗や皮脂が通常時より多く発生する

その為、お風呂好きで入浴剤を多用される方は汚れを溜め込んでいることが多くなってしまうのです!

でも私のような専門業者を呼べばほとんどのケースで解決しますのでご安心ください!

とはいえ、その汚れを長期間放置し、タイミングを見誤ると作業は大幅に難航します。

何年もかけて蓄積した汚れはかなりガンコで作業員を苦境に陥れるのです!

白い粒状の汚れは入浴剤の成分であることが濃厚ですが、この茶褐色をした汚れは人肌から出た汗や皮脂による油汚れです。

茶褐色の汚れの層が増してきてより一層色も濃くなってきているのが分かります。

洗浄液の排水時には給湯器内部や追い焚き配管内部から排出された油汚れがハッキリと分かります。

洗浄液の排水時に分かったことですが、かなり多くの銅サビ(緑青)が出ていたことも確認できました。

おそらく原因はバスソルトです。

バスソルトで何度も追い焚きを繰り返していると、なんといっても塩ですから、銅の配管が多用されている給湯器機内部からはこのような症状が発生することが多いように思います。

循環アダプター内部もかなり汚れていました!

こちらの機種は内部まで分解できるタイプでしたので、さらに分解します!

内部にも汚れが
Before

After

Before

After

ここまで改善するのにかなりの時間を要しましたが、かなり大幅な改善が見られホッとしました!

清掃を依頼するタイミングがさらに遅れると、たちまちこうはいかなくなるのです。

気になっていた白い粒状の汚れも治り、油分を出し切ったことで、しばらくは快適にご利用いただけます。

市販の洗浄剤と比べると、費用負担は比較になりませんが、効果のほども同じく比較になりません!

1日の終わりにリラックスして気持ち良く入浴することで、明日への鋭気を養うべきお風呂が、汚れや雑菌によって、なにより健康をも脅かす場所となってしまったのでは元も子もありません。

お風呂の追い焚き配管を除菌・洗浄することで、目には見えない汚れや雑菌から安心を手に入れて清潔で安心・安全なバスタイムを!

東京・神奈川・千葉・埼玉の風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)やジェットバス清掃のご依頼・ご相談は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで

ページトップ