東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

船橋市 自動湯張り・追い焚きをすると白いふわふわとした汚れが止まらない

白いふわふわとした汚れに悩まされている大規模コミュニティのマンションまで洗浄へ行って来ました。

キレイに利用されている浴室からはそれほど汚れが出て来そうな気配は感じなかったのですが、この後1日がかりの大変な作業になることなど全く予想していませんでした。

自動湯張りを行った時に出てくる白いふわふわとした汚れはコチラ!

スノーボールのような小さな白いふわふわが、お湯の流れに身をまかせるかのようにバスタブの中で雪のように舞っていました…

ところどころ黒い汚れも確認できます!

循環アダプターの内部にもかなり汚れの痕跡が!

しかし、見た目の状態からは想像もできないほど洗浄前のATP測定(水質検査)からは穏やかなスコアーが!

洗浄開始直後は、このような大きな湯葉のような汚れが続々と増えていきました。

タンパク質成分の汗や皮脂などによる汚れもかなり多く見られ、洗浄液の半分程度が茶褐色に染まっていました。

洗浄を何度も繰り返しても、大きく結果が好転することもなく、黙々とただひたすらに

洗浄→排水→再洗浄→排水を繰り返していきます。

このようなバイオフィルムと呼ばれる生物膜汚れがいつまでで続けます。

入居当初は入浴剤を多用していたとの事でしたが、ここ数年はほぼ利用を控えていらっしゃったとの事でしたが、半日以上洗浄を繰り返しても一向に止む気配の無いこの汚れの大群を見ているとどうしても入浴剤による汚れを疑わずにはいられません。

洗浄前のATP測定値がかなり低かったことも利用によって生じた皮脂や汗などの汚れが原因というよりは、入浴剤などに含まれる油分などの残留物が追い焚き配管経路内に数多く付着している可能性が高いと考えられます。

その後も作業を繰り返すも、汚れの排出が完全に止むことは一度たりともありませんでした…

湯張り時や追い焚き時に出てくる白いふわふわも少しは減りましたが、気持ちよく入浴していただくにはまだまだ程遠い状態です。

この後、洗浄を繰り返しやや落ち着きを見せて来たところでATP測定を行ってみたところ、

なんと9RLUまで下がっているでは無いですか!

とは言えまだまだ今なお汚れの排出は続いています。
ここまで年月をかけて症状が悪化した場合は、正直申し上げて一度の洗浄で解決を図るのは難しいと判断し作業は終了。

いくら安全な水質になったとはいえ、こうも目に見えるはっきりとした汚れが出続ける状態ではお客様もなかなか落ち着かないはずです。

ここまで悪化する前に業者による定期的な風呂釜洗浄を行う重要性をお伝えさせていただき、病気になってしまった患者のリハビリと同様に、時間をかけて改善に向けて治療を進めていく他ないということをお伝えさせていただきました。

汚れが出て来たから市販の洗浄剤を使ってみて、それでもダメなら業者に頼るといった流れが多いように思いますが、

このような機器もまた、人間の病と同じで、自覚症状が出る状態というのは実のところかなり症状の悪化が進行している可能性が高く、本来ならばこういった症状が出る前に人間ドックなどの定期健診などを受診することで問題の早期発見、早期治療によって重症化を回避できるのと同じような事案と考えられます。

給湯器本体は定期的に寿命を迎える為、交換することで本来の機能を取り戻せますが、給湯器と浴室を結ぶ配管はほとんどのケースで再利用することが一般的です。

その為、浴室をリフォームしたり給湯器を交換しても、その2拠点を結ぶ配管とは長い付き合いになるケースが大半です。

実際に、汚れの排出の無い1000RLUのお湯と5RLUのお湯を目視で比較しても大差はありませんし、ほぼ判別不可能です。

汚れが浴槽内に出るようになるといった状況は、追い焚き配管内部や給湯器内部の汚れがかなり重症化していることを意味しています。

この状況が長引けば長引くほど元通りに戻すことがとても困難になってしまい、追い焚き配管の交換でしか対処出来ないといった最悪の事態を招いてしまいます。

これもまた、業者洗浄を一度やれば安心ということではなく、やはり1〜2年に一度は定期健診のごとく洗浄することで長期間良好な状態でお使いいただくことができるのでは無いでしょうか。


そのため、作業結果をATP測定器を使って目で見て分かるようにし、ご家族の健康のために本当の安全、安心をお届けしております。

東京・神奈川・千葉・埼玉のガス風呂給湯器、エコキュート、エネファーム、TESなどの風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)のご依頼・ご相談は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで

ページトップ