東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

新宿区 バランス釜の中も外も気になるので、外して掃除してほしいとのご依頼

バランス釜で追い焚きした時の内部の汚れも気になるし、浴槽の裏や下にカビや汚れがたまっている気がするので掃除して欲しい!
とのご相談をいただき、新宿区までバランス釜の清掃に行ってきました。

まずはバランス釜を取り外してひっくり返しての清掃から行なわせていただきました。

浴槽が設置されている下のスペースは普段目にすることはないですが、いざ外してみるとカビや汚れでいっぱいです!

バランス釜は浴室にバスタブを置いただけの構造のため、バスタブの下や周囲の汚れが目につきやすい特徴があります。

しかし、ご自身で思いっきりお掃除を行うにはなかなか難易度の高い機種でもあるため、浴槽を外してしまって下や周囲をはじめ、浴槽をひっくり返して裏側も手洗い清掃を行うことで長年蓄積した汚れを一掃することができるのです!

Before

After

浴槽裏

Before

After

梅雨時期になるとニオイやチョウバエの発生なども気になりはじめますので、注意が必要です!


また、長年利用していると、バランス釜の内部にも汚れが蓄積していますので、追い焚きをするとワカメの様な汚れがいっぱい出てきて困っていますなんて話もよく耳にします。

洗浄前のATP測定器を使った水質検査では

『711RLU』と危険域の約10倍のスコアーが!

追い焚き時に機器内部のお湯の流れが緩やかなバランス釜は、1つ穴の追い焚き機器と比較しますと、内部に汚れが蓄積しやすく、かつ汚れを取り除きにくいといった特徴があります。

そのため、すでに内部から汚れが出る様な症状がではじめた場合は、市販の洗浄剤だけでは期待したほどの効果が得られないというケースが多いようです。

水面を取り囲む茶褐色の汚れの正体は、人肌から出た汗や皮脂などのタンパク質成分の酸性汚れです!

お湯がとても濁っているのは、内部に残っていた入浴剤や石鹸カス・化粧品などが汚れとなって出てきているためです。

ワカメのような汚れなどと称される汚れの正体は、バイオフィルムと呼ばれ、微生物が外的要因から身を守るために、集合体を形成した生物膜汚れです!

機器のお湯の流れの緩やかなバランス釜は、特に内部にこのワカメのようなバイオフィルムが残留しやすい機種のため、感染症の予防や健康的な日常の送っていただくためにも定期的な清掃をオススメしています!

汗や皮脂などの汚れは、排出量が増えてくると茶褐色がより強く厚みを増していきます。

どれだけ汚れを取り出すことができたという証でもあります!

ここまでスコアーも改善すると、
入浴時にはお湯のヌルつきなどの違いを瞬時に体感できるレベルの差が出ます。

バランス釜だけでなくユニットタイプのバスタブでもひっくり返し丸ごと洗浄は可能です。バスタブが外せる場合は高圧洗浄ではなく取り外して清掃を行った方が仕上がりはずいぶん異なります。ただ費用が高額になってしまうことだけが難点です…

23区外の東京、神奈川、埼玉、千葉などへも伺いますので、バスタブの下が汚い、悪臭がして困っているなど浴室の清掃に関することは、お電話でもお問い合わせフォームからでもお気軽にご相談ください!

風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)や浴槽取り外しまるごと洗浄・ハウスクリーニングのご依頼・ご相談は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで

ページトップ