東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

板橋区 清掃の際、循環金具を外したところ、黒いヌメリ汚れが出てきた

お掃除の際に、循環金具のフィルターを外してみたところ、黒いヌメリが突如出てきて慌てて洗浄出来る業者を探されたところ、当社を見つけてご相談いただきました!

入浴剤はよくお使いになられていらっしゃるようでしたが、黒い汚れが出てきたと言われると、少し機器の不調の疑いもありますので板橋区まで洗浄に行ってきました。

東京ガス製のリモコンパネル

黒い汚れが出てきて以降、かなりお手入れをされたのか、循環金具の表面を見る限りではそれほど汚れているような気配は感じません!

しかし、見た目の印象とは違って洗浄前のATP検査を行うと、もう少しで4桁オーバーのかなり高い汚染度が検出されました。

やはり内部にはかなり汚れが蓄積しているようです。

汗や皮脂によるタンパク質汚れも早々と出てきました!

全ての症例に該当するわけではありませんが、入浴剤を多用しているお風呂のほうが、洗浄中のお湯が濁るケースが多発する傾向にあります。

つまり、お湯に溶ける水溶性の汚れが追い焚き配管内部や風呂釜や給湯器内部に多く付着しているためと考えられます。

粘性の高い、このタンパク質成分の汚れを見えない配管や風呂釜内部に溜め込んでしまうと、たちまち雑菌の温床となりATP測定値を跳ね上げてしまうのです!

表面はとってもキレイでしたが、外してみてビックリ!内部はかなり汚れていました。

Before

After

Before

After

今回のように、明らかに目に見える症状が出て直ぐに洗浄を決意されたため、重症化は未然に防げましたが、

明らかに湯張り時や追い焚き時に目に見える汚れが出るということは、居場所をなくした汚れが溢れ出てきている状態のため、正直申し上げて市販の洗浄剤を5回、10回と洗浄を繰り返しても風呂釜洗浄PROによる1回の洗浄には到底及びません。

なぜかと申し上げますと、市販の洗浄剤は日々のお手入れを目的としており、新築時から定期的な洗浄を繰り返していたり、業者による本格洗浄を行った後で、定期的なメンテナンスとして市販の洗浄剤を利用される分には汚れをつきにくくするといった大きな効果が期待できますが、汚れが出てくるような状態にまで蓄積してしまった汚れをしたものを一気に撃退し、即座に解決できるほどの洗浄効果は備えていないためです。

初めてお目にかかる入浴剤ですが、非常に効果で効能の高い入浴剤だそうです。

今回の洗浄でATPスコアーも大幅に改善が見られたことで、この先も安心して利用できますと喜ばれておりました。

憂鬱だったバスタイムを風呂釜洗浄PROの力と世田谷衛生環境ラボの技術でその日のうちに解決します!

ご家庭の安心安全なバスタイムに!
お湯の見た目のきれいさと、目には見えない水質の安全を両立する
東京・横浜・埼玉・千葉の風呂釜清掃(追い焚き配管清掃)や浴槽裏の清掃業者は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで

ページトップ