東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

武蔵野市 常在菌のスコアーがやや高めのマンションも時には存在します

定期的にハウスクリーニング業者に依頼して浴室清掃は行っていらっしゃるお客様から、どうしても浴室に入った時のニオイが気になるとの事で、風呂釜(追い焚き配管洗浄)内部と浴槽裏の高圧洗浄によってニオイを除去してほしいとのご依頼で武蔵野市のタワーマンションまで行ってきました!

とってもオシャレで一見キレイに見える浴室ですが、ニオイが気になるとおっしゃられている問題の浴室!

見た目だけでは分からない隠れた箇所のどのような汚れがニオイの原因となっているのか突き止めるべく念入りにチェックを行いながら洗浄を開始します。

東京ガスのリモコンパネル

見た目の印象とはウラハラに、思いの外高い数値の検出された洗浄前スコアー

洗浄に使用する洗剤を投与し、まずは洗浄の初期症状が現れる様子をみつつ、今後の洗浄方針を検討しながら作業を進めていきます!

その間に、エプロンと呼ばれるバスタブ手前のフタを外して、浴槽裏の状況を確認します。

エプロンの開口部がとても小さく、バスタブの周囲が装飾された機種のため、隠ぺい部分に多くの汚れが潜んでいる可能性も考えながら作業を進めていきます。

こちらは一般的な状態ではありますが、エプロン裏は広範囲にヌメリが発生している状態でした。

洗浄時の様子も時系列で並べてみましたが、明らかに時間の経過とともに汚れがどんどんとバスタブ内部に増えていっていることが確認できます。

タンパク質成分の皮脂汚れによって、茶色く変色した汚れが増えてきているのが確認できます。

ところどころに大粒のバイオフィルムと呼ばれる生物膜汚れも見られるようになって来ました。

このような生物膜汚れの中というのは、雑菌にとってとても過ごしやすく快適な空間のため、雑菌の繁殖を手助けし、ATPスコアーを押し上げていた張本人であり、ニオイの原因の一つでもあるのです!

入浴時にはあまり目にすることの無い、油分をたっぷりと含んだ皮脂汚れは洗剤とマイクロバブルの力によって洗浄後半にはバスタブ内に吐き出されて来ますが、ここでもこのようにバスタブの周囲に脂肪分のせいでこびりつくのです。

つい先ほどまでは、給湯器の内部や追い焚き配管内に吸着して蓄積されていた汚れなんです。

お湯の注ぎ口でもある循環アダプターを外した内部です。
こちらも皮脂による汚れが多く見られました。

ピンボケですが、角度を変えてもう一枚!
Before

洗浄して元の位置に再度取り付けます。
洗浄後はこの通り!

After

この後、安全値の25RLUを目指して何度か洗浄を繰り返しましたが、安全値まであと一歩のところでピタリと数値が停滞するようになり、再洗浄後に数値を繰り返し測っても変化なしということで、風呂釜洗浄はここまで、

つまりどういうことかと申しますと、浴室の蛇口から出ているお湯やお水に元々含まれている自然界の常在菌といった菌が少し多く含まれた状態であるということ。

戸建てよりはマンションでの発生率が圧倒的に高い症状なのですが、お部屋内部のどの蛇口からお水を出して測定してもこの辺りの数字になる状態のため、これ以上洗浄を繰り返しても今以上に数字が下がることはないのです。

過去には、お部屋内のどの蛇口からお水を検査しても150RLU近辺から下がらないといったケースも存在しました。

そのおうちは、産まれたばかりの赤ちゃんがいらっしゃったため、水道水をつかって粉ミルクを作っているのですが、辞めた方が良いのでしょうか?
とご相談いただきました。

浴室に存在する可能性のある菌は80度程度の高温でないと死滅しない菌が多いため、ミネラルウォーターを使用した方がより安心ですとその時はお伝えさせていただきました。

全貌があまり見えないデザイン性の高い浴室のため、浴槽裏も可能な限り隅々まで高圧洗浄させていただきました。

バスタブ下のもうひとつの排水溝も元はこのような状態でした。こちらもニオイの発生源であった可能性の高い場所です!

Before

洗浄後はこのとおり
After

Before

After

Before

After

Before

after

もともとキレイな浴室ではありましたが、隠ぺい箇所を徹底洗浄したことで、ニオイも改善されとても喜んでいただけました。

当社では、一度洗浄しただけでは見た目にはキレイになっていても、洗浄後の数値があまり下がっていないケースも存在するため、

ATP測定器といった研究機関や食品工場などにも用いられる専用の検査機器を使って洗浄前後のお湯の状態を検査します。

80RLU以上の場合は危険値といって感染症のリスクがぐっと高まります。

しかし、1000RLUのお湯と5RLUのお湯を目視で比較しても大差はありませんし、ほぼ判別不可能です。

そのため、作業結果を目で見て分かるようにし、ご家族の健康のために本当の安全、安心をお届けしております。

気になる方はお気軽にご相談ください!

東京・神奈川・千葉・埼玉の風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)や浴槽裏の高圧洗浄のご依頼・ご相談は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで

ページトップ