東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

足立区 汗や皮脂による人肌から出た汚れは雑菌を増殖させるため注意が必要です

お客様からご質問いただく内容で、割と多くの誤解を生んでいるケースがあるのですが、

追い焚き機能を頻繁に利用しているつもりはなくても、自動で湯張りを行うと、設定した時間内は繰り返し設定温度になるよう追い焚きを繰り返す機能があるんです!

その機能のおかげで、いつでも快適な温度でお風呂に入ることができる便利さの恩恵を受けられる反面、

設定時間がかなり長めに設定されているなどで、入浴後のお湯を何度も何度も追い焚きを繰り返すことによって、人肌から出た汗や皮脂などのタンパク質成分の汚れを風呂釜(追い焚き配管)内部によりガンコにこびりつかせてしまっていることもあるのです!

浴槽内のお湯の出口である箇所のフィルター内部の汚れの状態は、風呂釜や追い焚き配管内部の汚れを確認できるバロメーターの一つでもあります。

何となく汚れているような気がする場合は、内部の汚れのサインです!

ノーリツ製のリモコンパネル

自動湯張り時に黒いツブツブ汚れも出始めているようです。

こういった症状も初期〜中期であれば風呂釜洗浄で大幅に改善可能です!

洗浄開始直後からこってりとした皮脂や汗によるタンパク質汚れ、つまり垢が出始めました。

汚れの中にも所々に黒い粒状の汚れが散見されます。

これは汚れというよりは、給湯器や配管に利用されているゴムホースの経年劣化による剥がれの可能性が高い症状です!

汚れのタイプは大きく分けると2種類ありまして

1、お湯に溶けない油汚れ(皮脂や汗)

2、お湯に溶ける水溶性の汚れ(湯垢や入浴剤など)

今回のケースでは、洗浄中のお湯の濁りがとても少ないことから、圧倒的に1、お湯に溶けない油汚れ(皮脂や汗)の多い症状と言えます。

洗浄した廃液を流すと、油分を含んだ汚れのためバスタブにべったりと付着し、こんなにも風呂釜内部や追い焚き配管内部に汚れがたまっていたのか!

と驚かされる結果となりました。

循環アダプターと呼ばれるお湯の注ぎ口も外して、普段は目にすることのない内部を見てみると、こちらにも1、お湯に溶けない油汚れ(皮脂や汗)がベッタリと付着しているのが分かります!

バスタブ側もこのような状況でした!
この様な状態だと知ってしまうと、少し気になりませんか?

ご家庭で、ほぼ一生外すことのない箇所だけに、この様な状態はそれほど特別なことではございません!

慌てて市販の洗浄剤を手に入れて洗浄を行ったとしても、期待するほどの効果は得られないケースが大半です。

エアコンの高圧洗浄なども徐々に一般的にな利つつあると感じていますが、風呂釜洗浄も同様で、数年に一度のサイクルで定期清掃を行うのが望ましいと考えます。

お風呂はシャワーやサウナでは決して解決できない、身体にもっとも負担のかかる重力から解放してくれる唯一無二の存在です。

そのお風呂が安心して利用できる状態にないとどうしてもストレスを感じてしまいます。

普段のお手入れだけでは決して取り除くことのできない汚れやニオイの原因を特定し汚れと不安を取り除くことで、リラックスできる状態をご提供し、アレルギーや感染症のリスクからもお客様の健康をお守りします。

お湯の見た目のきれいさと、目には見えない水質の安全を両立する
東京・神奈川・埼玉・千葉の風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)や浴槽裏の高圧洗浄業者は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで

ページトップ