東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

世田谷区 ビタミンCを入れての入浴で黒い汚れが出るようになった

タイトルにもあるように、黒い汚れに悩まされていてご相談をいただいたお客様からのご依頼で世田谷区まで洗浄に行ってきました。

入浴の際に、お風呂のお湯に含まれる塩素の濃度が高く感じられて、どうも肌がカサカサになるようになってしまったとのことで、ビタミンCの顆粒を入浴時に入れて中和して入浴するようにしていらっしゃると伺いました。

それが黒い汚れの直接的な原因かどうかは不明ですが、そのような使い方を2年ほど続けていると、ある日を境に自動湯張り時に必ず黒い汚れが出てくるようになってしまったようです。

その状態が日を追うごとに酷くなって来ていて、最近では入浴するのも躊躇するような状態になってしまったとのこと。

とてもそのような状態とは思えないガラス張りの浴室を備えたとってもおしゃれなデザイナーズハウスでした。

自動でお湯張りをしてみると、確かにバスタブの底に気になる黒いツブツブの汚れが確認できました!

しかし、洗浄前のATP測定を行ってみたところ、要注意域ではあるものの、かなり穏やかな測定値が検出されました。

ということは、あの黒い汚れは汚れではなく、給湯器内部から排出された銅管内部の剥がれの可能性がより濃厚となりました。

ということでいざ洗浄開始!

しかし、洗浄開始直後から汗や皮脂などによるタンパク質汚れが、どんどん出てくるではないですか!!!

たちまち、茶色や黄色がかった汚れがハッキリと確認できるほどに汚れが増えて来ました。

洗浄が進むにつれて、白い洗剤と汚れの境目がよりくっきりハッキリとしていくのが分かります!

汚れの中もよく見てみると、粒状の黒っぽい汚れも散見されます。

洗浄中のバスタブの底には、洗剤で隠れて見えなかった黒い汚れが大量に排出されておりました。

循環アダプターと呼ばれるお湯の出てくるフィルター内部も確認してみたところ、こちらも汚れているのが分かります。

Before

After

バスタブ側

Before

かなりキレイになりました!

After

何度洗浄を繰り返しても、なかなか黒い汚れを取り除くことが困難で長旅が続きます。

少しづつ黒い汚れの排出は減って来たものの、まだまだ安心して入浴するには程遠い状態です。

結果的には5回の洗浄を繰り返して、ようやく目で見てハッキリとした違いを確認できました。

ここで、洗浄後のATP測定を行ったところ
数字にもハッキリと違いが!


洗浄前後のお湯も目視で比較していただくのです。
しかし、この数字表記がなければ、一般の方にはどちらが洗浄前かハッキリとは分からない程度の違いしかありません!

ここまで数値が下がっても、自動で湯張りを行うと、僅かながらこのような物体が!

全て同じような色をしているので、同一の物質である可能性が高く配管内部の剥がれがやはり濃厚です。

この後、湯はり時にエラー表示が出るようになってしまい、ノーリツ のエラーコード 032という番号がリモコンパネルに表示されるようになってしまいました。

これが何かというと『浴槽排水栓閉め忘れ』表示が頻繁に出るようになってしまったのです。

もちろん浴槽の栓はしっかりと閉めているにも関わらずです。

とうことは、当然浴槽の栓の閉め忘れでは無いわけです。


他に考えられるとすると、給湯器内部の基盤の故障か、循環アダプターにゴミが詰まっているなどで、ここで出来るとすれば、循環アダプターを再度清掃するくらいです!


そこで、再度循環アダプターを外してみたところ、

いましたいました

ドーン! 原因はこのゴミ詰まりでした!

給湯器内部で銅管内部の剥がれなどが発生すると、時折このような大物も剥がれ出て来て悪さをするということがハッキリ分かりました。

一瞬ひやりとしましたが、原因もハッキリし、無事解決!

市販の洗浄剤と比べて費用負担は比較になりませんが、1日の終わりにリラックスして気持ち良く入浴することで、明日への鋭気を養うべきお風呂が、黒や白の汚れによってストレスを感じてしまったりなにより健康をも脅かす場所となってしまったのでは元も子もありません。

乳幼児や高齢者などの免疫力の低い方の感染症予防やアトピーなどお肌のトラブルにも効果が期待できる風呂釜洗浄PRO

お風呂の追い炊き配管を除菌・洗浄し、ATP検査(水質検査)をすることで目には見えない安心を手に入れて清潔で安心・安全なバスタイムを!

東京・神奈川・千葉・埼玉の風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)や浴槽取り外しまるごと洗浄のご依頼・ご相談は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで

ページトップ