東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

品川区 築年数が浅くても利用状況次第で追い焚き配管内部は汚れています


風呂釜洗浄のご依頼いただくケースですが、
大きく分けて2つのパターンがございます!

①:ゴミや汚れが浴槽に出てきたり、イヤなニオイがするようになって清掃を依頼する
(症状が表面化したケース)

②:特に汚れやゴミが出るわけでもないけど念のため清掃を依頼する
(症状が潜伏しているケース)


今回は②の(症状が潜伏している)パターンによるご依頼でした。


結論から申し上げますと、②のご依頼を頂いたお客さまの方が、
結果次第では驚かれたり落胆されたりとリアクションが大きい傾向にあります。

そもそも、何事も起きていないのに風呂釜清掃を依頼しようということ自体、衛生面に関する意識が高いということだと思うのです。

まだこんなにキレイなノーリツ製のリモコンパネル

洗剤を充填した直後から、全体的に茶褐色の汚れがうっすらと出始めました。

このような症状は、汗や皮脂による人肌から出たタンパク質による汚れが多く含まれていることを意味するのです。

油分を含んだ汚れ同士が時間の経過とともに結合し、茶褐色がどんどんと濃くなっていくのが特徴です。

遠目に見てもバスタブの周囲に油分を含むタンパク質汚れが吸着していくのが分かります。

一見すると、錆の色のようにも見えるのですが、リフォームした浴室を除き、直近10年程度の機種であれば、鉄製の配管を使用しているケースはほぼ皆無のため、高確率で人肌から出た汗や皮脂によるタンパク質汚れが原因です。

このような汚れは市販の洗浄剤を使っても、ほぼお目にかかることはできませんので安心されている方も多いのではないでしょうか!

そのため、普段から市販の洗浄剤などでメンテナンスされていらっしゃる②のお客様からご依頼をいただいてこのような状況を目にするとかなり驚かれるのです!

ハウスクリーニングは、目に見える箇所が汚れてきたから清掃を依頼するというという流れが一般的ですが、

風呂釜洗浄だけは、症状が表面化した時にはかなり重症化した状態であって、100%元通りにすることはとても困難ですし、風呂釜(給湯器)を傷めることにもなってしまうのです。

そのため、2〜3年に一度は定期的に清掃をオススメしているのです。

とっても便利な追い焚きやジェットバス機能ですが、その配管の内部が排水溝並みにすごく汚れていて、雑菌だらけという事実はほとんどの方がご存知ありません。

せっかく便利な機能があるのに、それを使用することによってリラックスするどころか、健康まで損なうようなことがあれば元も子もありません。 

浴槽内に張られたお湯が、安心・安全な状態であり続けるためには定期的な市販の風呂釜洗浄剤を使ったメンテナンスや、時にはプロの業者による風呂釜清掃が不可欠です。

市販の風呂釜洗浄剤では除菌効果はあるものの洗浄効果は限定的なため、すでに汚れてしまった風呂釜に投与しても効果はあまり期待できませんが、プロによる洗浄後に継続使用することで良好な状態を長くキープしてくれるため非常に高い効果を発揮します!

そのため、弊社では洗浄後には市販の洗浄剤による定期的なメンテナンスをオススメしています。

ご依頼いただいたお客様からよくいただく言葉は、『もっと早く頼めばよかった!』のありがたいお言葉。

劇的に状況が改善されて1日の最後にお風呂に入る際のまた汚れやニオイが出たら嫌だな〜といった精神的な不安やストレスから解放されます!

東京・神奈川・千葉・埼玉の風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)やジェットバス清掃、浴室清掃のご依頼・ご相談は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで

ページトップ