東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

追い焚き配管は交換が容易では無いため洗浄が必要なんです! vol:1ユニットバスの裏側お見せします( ALC造編)

古くなった浴室をリフォームする際に、設置環境や構造によっては追い焚き配管を新設することが困難な場合は再利用するのが一般的です!

えっ〜と驚かれるかもしれませんが、費用を幾らでもかけていいのであれば、ほとんどの場合新設は可能です。

しかし限られたご予算の中でリフォームを行うのであれば、生かして再利用できるものは再利用しようということになるわけです。

リフォーム前の浴室です。
最終的にはこのレトロな浴室が機能的でモダンな浴室に変貌を遂げるのですが、その過程を少しだけお見せします!

レトロな浴室の水栓などが取り付けられている正面裏側の壁を取り除いて行きます!

もう少し壁を開けると混合水栓の裏側や追い焚き配管などが姿を表します!

自動湯張りや追い焚き時にお湯の出入りする循環アダプターの裏側です
保護用にアルミテープで覆われている箇所が追い焚き配管になります

よく見ると2本の追い焚き配管が床に埋設されているのが分かります

ズバリここです!

アルミテープやバスタブを取り除くとこんな感じ
今まで活躍して来た追い焚き配管です
行きと戻りがある為2本あります

一部を残して、給水も排水も途中から新たに新設します。

最終的にはこのようなモダンな浴室に変貌を遂げました!

定期的な風呂釜(追い焚き配管や給湯器内部)メンテナンスを推奨する理由は、洗浄時に出てくる汚れを目の当たりにしていることもありますが、構造上容易に交換が出来ないためでもあります。

市販の洗浄剤でもそれなりの効果は見込めますが、すでに湯垢やサビ、汚れなどが多く付着してしまうと、市販の洗浄剤だけではどうしても除去できない風呂釜や追い炊き配管内部の汚れを、1.2年に1度はプロによる本格洗浄で、新築時のような性能や衛生状態を取り戻し、キレイになったお風呂で免疫力を上げる安心安全なバスタイムを!

風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)や浴槽取り外しまるごと洗浄のご依頼・ご相談は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで


ページトップ