東京世田谷区の風呂釜洗浄(追い炊き配管洗浄)業者

風呂釜洗浄業者|世田谷衛生環境ラボ

お風呂に黒い汚れやゴミが大量に出てくるケースは給湯器などの機器不調の前兆かもしれません!

お風呂に関するご相談をいただく中でも特に注意が必要なのが黒い汚れやゴミが大量に出て来るといったケースです!

時折、グレーや灰色の汚れが出てきて困っています。

といったご相談もいただくのですが、こちらも黒い汚れやゴミが出て来るケースの初期段階である可能性も高いため、注意が必要なケースです。


⇩グレーや灰色の汚れ(参考写真)

近づいてよく見てみると、黒い粒状の汚れやゴミも確認できます。

しかし、皮脂や汗によるタンパク質汚れも写真のようにグレーや灰色に見えるケースも多いため、注意して動向を確認する必要があります。

給湯器などに不調があった場合は、どんどん黒っぽい汚れに変色していきます!

かなり多めの黒い汚れのケース

この黒い汚れの正体ですが、大粒の黒いゴミが多数確認されるようであれば、給湯器内部に使用されているゴムパッキンの可能性が濃厚です。
このような症状を給湯器メーカーなどに確認したところ、給湯器の経年劣化や入浴剤の成分と反応して給湯器内部に使用されているゴムホースの内部が剥がれて浴槽内に出て来ることがあると説明を受けました。

この症状の場合の特徴として、現在進行形でゴムホース内部に剥がれが生じていた場合、何度風呂釜洗浄を繰り返しても黒いゴミや汚れの排出が止まないといった症状が見られます。

ただし、最近給湯器を交換したばかりなのにこのような黒いゴミや汚れに悩まされているという事であれば、以前使用していた給湯器内部の劣化したゴムホースから出た黒い汚れが追い焚き配管内部に蓄積している可能性も考えられますので、この場合は風呂釜洗浄で症状を緩和することが可能です。

給湯器内部は熱伝導の良い銅製の配管と、大きく湾曲した部分や繋ぎ目などにはゴムホースが多用されています。

こういった症状は、本格的な業者による風呂釜洗浄を行わなければあまり気づくことはありません!

市販の洗浄剤などによるメンテナンスでは、上記の写真のような黒い汚れやゴミが大量に出て来ることは極めて稀で、

判断材料としては下記の写真のように、少量ですが真っ黒の汚れが確認できるケースが代表的な初期症状です。

もう少しだけ近づいて見たところです!

循環アダプター内部にもサビのような汚れや黒っぽい粒状のゴミなどが多く付着しているとさらに疑わしくなります。

こちらは給湯器内部の銅の配管内部の剥がれによる可能性が高い症状です。

汚れの付着もさることながら、やはりリング状に付着した真っ黒の汚れは目立ちますし、ますますゴムホース内部の剥がれが濃厚なケースとなります。

このような症状が現れ始めれば、そのままにしておくと悪化の一途をたどります。

症状が悪化すると、風呂釜洗浄を行なってもなかなか元どおりに戻すことが困難になり、給湯器の寿命そのものも縮めてしまう可能性も高くなってしまいます。

このような兆候が現れ始めたら専門業者による早めの対策がオススメです!

さらに重症化が進んでしまうと、完全に解決するためには、給湯器の交換に加え、浴室の配管や追い焚き配管の全てを交換することでしか完全な解決はできないという最悪の事態を招いてしまう可能性も考えられます。

そのため、黒い汚れでお悩みの方は、定期的に本格洗浄を行うことで状態を少しでも改善させるといった方法以外は高額出費やむなしといった状況に陥ります。

一度もプロによる洗浄を行ったことがない方には、一度試してみる価値はあると思いますので、まずはご相談ください。

風呂釜洗浄(追い焚き配管洗浄)や浴室清掃のご依頼・ご相談は

世田谷衛生環境ラボ
info@setagaya-lab.com
03-6337-6311  まで

ページトップ